責任会計について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 経営管理の会計をマスターする > 責任会計

■責任会計

責任会計とは、管理上の責任と会計システムを結びつけて、責任部署の業績を明確にするための制度のことです。

責任会計においては、責任中心点に対し、実績と予算を対比して業績を図ります。

代表的な責任中心点には次の3つがあります。

■コストセンター
コストセンターとは、管理下で発生した原価のみに責任を負う組織です。一般的に品質・コストをコントロールできる一方で、販売価格などをコントロールしにくい製造部門などは、コストセンターとして位置づけられます。


■プロフィットセンター
プロフィットセンターとは、原価だけでなく収益に対しても責任を負う組織です。事業部は一般的にプロフィットセンターとして位置づけられます。


■インベストメントセンター
インベストメントセンターとは、原価、収益だけでなく投資額に対しても責任を負う組織です。インベストメントセンターでは、投資に対するリターン(投資利益率:ROI)


<各責任中心点と評価指標の関係>
投資利益率 収益 原価
コストセンター × × 責任有
プロフィットセンター × 責任有 責任有
インベストメントセンター 責任有 責任有 責任有


  


<<ABC(活動基準原価計算)へ戻る へ進む>>
 経営管理の会計
管理会計とは
バランススコアカード
戦略マップ
原価分解
直接原価計算
間接費の配賦方法
貢献利益
スループット会計
標準原価
原価企画
ABC(活動基準原価計算)
責任会計




N's spirit 投資学研究室 > 経営管理の会計をマスターする > 責任会計
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.