簿記 基本的な取引パターン


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 簿記の基礎知識を習得する > 簿記 基本的な取引パターン

基本的な取引パターン

前のページで解説した基本ルールに基づいて、いくつかの代表的な取引について簿記の例を挙げていきます。


 ●収益が上がって資産が増える 

代表例として商品やサービスの売上があります。この場合、貸方に売上を記帳し、増加した資産を借方に記帳します。

借方 金額 貸方 残高
売掛金 10,000 売上 10,000

飲食店などの現金商売の場合は、次のようになります。

借方 金額 貸方 残高
現金 10,000 売上 10,000


 ●資産が減って資産が増える 

代表例として、現金を使って資産を手に入れた場合や、売掛金を回収して現金化するなどの取引があります。

借方 金額 貸方 残高
当座預金 10,000 売掛金 10,000
金型 10,000 現金 10,000


 ●資産が増えて負債が増える 

代表例として、商品を掛けで仕入れた場合があります。

借方 金額 貸方 残高
商品 10,000 買掛金 10,000


 ●資産が増えて純資産が増える 

代表例として、株式を発行して現金を手に入れた場合があります。

借方 金額 貸方 残高
現金 10,000 資本金 10,000


 ●資産が減って費用が増える 

代表例として、広告費用を現金で支払った場合があります。

借方 金額 貸方 残高
広告費 10,000 現金 10,000


 ●資産が減って負債が減る 

代表例として、買掛金を現金で支払った場合があります。

借方 金額 貸方 残高
買掛金 10,000 現金 10,000



  


<<へ戻る へ進む>>
 簿記の基礎
簿記の基本
基本的な取引パターン





N's spirit 投資学研究室 > 簿記の基礎知識を習得する > 簿記 基本的な取引パターン
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004- All rights reserved.