簿記の基本


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 簿記の基礎知識を習得する > 簿記の基本

簿記の基本

簿記にはお金が増えたり減ったりを1行で±の記号をつけて表す単式簿記と、借方、貸方という2つの欄に金額を記入する複式簿記があります。家計簿などは単式簿記で表現されますが、企業の場合は複式簿記によって表現されます。

単式簿記の例
摘要 金額 残高
売上 +10,000 10,000
広告費 -5,000 5,000
利息収入 +500 5,500
交際費 -1,000 4,500

複式簿記の例
借方 金額 貸方 残高
売掛金 10,000 売上 10,000
通信費 2,000 現金 2,000
仕入 4,000 買掛金 4,000


ここでは、企業の経理で最もよく使われる複式簿記に焦点をあてていきます。


 ●複式簿記の大原則 

複式簿記は、前述のように取引を借方と貸方に分けて記載していきますが、ひとつの取引において借方と貸方の総額は常に同じになるという原則があります。これを貸借平均の原則と言います。


 ●記帳の基本 

簿記における記帳の基本は次のとおりです。

項目 借方 貸方
資産 増えたとき 減ったとき
負債 減ったとき 増えたとき
純資産 減ったとき 増えたとき
収益 減ったとき 増えたとき
費用 増えたとき 減ったとき

例えば、売上が増えて、資産が増えた場合は貸方に売上金額を記載して、借方に資産の増加内容を記載をします。

これらの概念を図解で表すと次のようになります。




  


<<へ戻る へ進む>>
 簿記の基礎
簿記の基本
基本的な取引パターン




N's spirit 投資学研究室 > 簿記の基礎知識を習得する > 簿記の基本
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004- All rights reserved.