転換社債、CBについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 転換社債

転換社債とは

転換社債とは、決められた価格で新株を社債と交換できる権利がついた債券のことです。決められた価格のことを転換価格といいます。転換社債のことをCB(Convertible Bond)とも呼びます。(なお、商法改正により、2002年4月1日以降、新たに発行されるCBのことを「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶようになりました。ただし、このページでは以下、転換社債と呼びます)

新株予約権付社債と同様、株式に交換できるオプションをつける分だけ、普通社債よりも低い利率で資金調達できるのが特徴です。


 ●転換社債を発行した場合の影響 

■企業にとって
企業にとっては、普通社債を発行するよりも少ない金利で調達することができます。ただし、株価が上がったときに、その株価で資本調達できる機会を失う結果になります。さらに、株式に転換されることで資本コストの増大(=株主価値の減少)を招くこと可能性があります。


■新規の投資家にとって
転換社債に投資することで、投資家は株価が上がったときに株式に転換して大きく儲けられる機会を得ることができます。さらに、利回りが普通社債より低いとはいえ、株式とは異なり、確実にリターンを得られるクーポンもついています。

したがって、株式の収益性の側面と債権の安全性の側面の両方を持った金融商品という位置づけになります。


■既存の株主にとって
転換社債が株式に転換されると、一株あたりの株主価値が少なくなり、既存の株主の価値が薄められるというデメリットがあります。


 ●転換社債型新株予約権付社債の評価方法 

転換社債型の評価は、社債と株式を交換できるオプションの価値と、社債そのものがもつクーポンと転換価格の部分の価値に分けて評価をします。したがって、基本的な評価方法は新株予約権付社債と同様です。


 ●転換社債型と新株予約権付社債の違い 

転換社債型と新株予約権付社債の違いも新株予約権付社債のページに記載しています。


  


<<新株予約権付社債へ戻る 異なる債券の利回り比較へ進む>>
 ファイナンス基礎 
ファイナンスの原則
FCF
DCF法
割引率(WACC)
β(ベータ)
アンレバードベータ
IRR(内部収益率)
残存価値の算出方法
WACCの限界
APV法
ポートフォリオとリスク分散
ポートフォリオとリスク分散2
DCF法でPJを比較
DCF法でPJを比較2
DCF法で重視する指標
差額原価収益分析
最適な資本構成
負債の節税効果
負債の種類
配当政策
配当政策と株価
自社株買いと株価
株価を上げる投資
債券
利付債
割引債
新株予約権付社債
転換社債型新株予約権付社債
異なる債券の利回り比較
証券化
プロジェクトファイナンス
IPO


N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 転換社債
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.