異なる債券の利回り比較について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 異なる債券の利回り比較

異なる債券の利回り比較方法

債券(国債、社債)には、満期、利率、額面価格、発行価格によって様々な種類のものが存在します。ここでは、それらを比較する方法について解説します。


 ●IRRで比較する 

異なる債券を比較するときは、それぞれの債券が投資家にとって、実質的にどの程度の利回りをもたらすかによって決まります。これを比較する尺度がIRRです。

例えば、次のような債券を比較してみます。
通貨 償還期間 発行価格 額面価格 クーポン利率
債券A 円建て 5年 100 102 0.8%
債券B 円建て 7年 100 100.5 1.25%
債券C ドル建て 3年 100 100 3.0%
債券D ドル建て 5年 100 101 3.25%
債券E ドル建て 7年 100 100.5 4%
※発行価格は、全て100を基準として考える。

これだけ、見るとどの債券が一番実質利回りが高いのかがわかりません。そこで、IRRを用いるわけです。そこで次のようなスプレッドシートを用いて考えます。

IRR 0 1 2 3 4 5 6 7
債券A 1.19% -100 0.80 0.80 0.80 0.80 102.80
債券B 1.32% -100 1.25 1.25 1.25 1.25 1.25 1.25 101.75
債券C 3.00% -100 3.00 3.00 103.00
債券D 3.44% -100 3.25 3.25 3.25 3.25 104.25
債券E 4.06% -100 4.00 4.00 4.00 4.00 4.00 4.00 104.50

こうすることで、それぞれの債券をIRRという一定の軸で評価することができるようになりました。あとは、それぞれの債券のIRRと、各国通貨建てのリスクフリーレート(一般的には長期国債)を比較することで、有利な利回りかどうかを判断できるわけです。


  


<<転換社債型新株予約権付社債へ戻る 証券化へ進む>>
 ファイナンス基礎 
ファイナンスの原則
FCF
DCF法
割引率(WACC)
β(ベータ)
アンレバードベータ
IRR(内部収益率)
残存価値の算出方法
WACCの限界
APV法
ポートフォリオとリスク分散
ポートフォリオとリスク分散2
DCF法でPJを比較
DCF法でPJを比較2
DCF法で重視する指標
差額原価収益分析
最適な資本構成
負債の節税効果
負債の種類
配当政策
配当政策と株価
自社株買いと株価
株価を上げる投資
債券
利付債
割引債
新株予約権付社債
転換社債型新株予約権付社債
異なる債券の利回り比較
証券化
プロジェクトファイナンス
IPO




N's spirit 投資学研究室 > ファイナンスの知識を得る > 異なる債券の利回り比較
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.