« 2011年01月 | N's spirit 投資学・経営学日記 | 2011年03月 »

2011年02月26日
 ■ 大前研一 戦略論―戦略コンセプトの原点

本書は大前氏が1980〜90年代にかけてビジネス誌に投稿した論文をまとめたものです。

20年近く前に書かれたものであるにも関わらず、内容は現代に通じるものが多いです。第1章の「競争は目的ではなく、まず考えるべきは顧客ニーズ」、第2章の「先見力の要件」、第6章の「アライアンス戦略」など、どれも考えてみれば当たり前のことばかりです。しかし、それらが自社の戦略で確実にできているかと言うとそうではない。

自社の戦略を考えるときに、本書に書かれている内容を一度読み返してみるとよいのではないかと思います。

日ごろから会社の戦略を考えている方に本書をおすすめします。



2011年02月12日
 ■ V字回復の経営

数々の経営コンサルティングの経験をもつ筆者が、多くのコンサルティング現場から抽出したエッセンスに基づいて描いた企業再生物語です。

この本に出てくる状況は、今の日本の企業、組織なら多かれ少なかれどこでも起こっている問題でしょう。本書はその問題を解決するためのひとつの道筋を与えてくれます。場面の途中で筆者の注釈が出てきますが、どれも痛い指摘ばかりです。

事実を積み上げて現状分析をして戦略を作るもの難しいですが、それ以上に現場を納得させて、実行することがいかに難しいかを本書は示しています。

戦略企画部門のみならず、部門のマネージャーにもおすすめの一冊です。





Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.