2011年01月31日

 ■ 世界最強企業サムスン恐るべし! なぜ、日本企業はサムスンに勝てないのか!?

家電や携帯電話の業界におけるメーカーと言えば、日本ではSONYやPanasonicになりますが、日本以外の国では、LG、SAMSUNG、ハイアールといった名前が出てくるのではないでしょうか。これは一度でも東南アジアや中国などに行ったことがある人なら十二分に実感できることだと思います。日本以外においては、韓国・中国企業の勢いは、日本企業をはるかに凌駕している状況だというわけです。

本書は、そうした企業のひとつSAMSUNGの創業から今日(5年前)の状況を綴り、成功のための転機や今日の成功要因を分析したものです。

主な成功要因として、

・人材戦略(各種訓練、地域専門家制度など)
・新製品開発スピード(注力分野への集中投資)
・マーケティング重視の戦略(デザイン重視、ブランド志向)

などを挙げています。これらの策の前提には、世界で戦うと決めたSAMSUNGの姿勢を伺うことができます。

これらは、市場規模が大きく日本市場で、海外に比べて比較的同質な日本人を相手として、付加機能競争に明け暮れてきた日本企業があまり得意ではない分野であるともいえます。

しかし、日本の需要増が見込めない中では、今後こうしたグローバルで成功している海外企業の事例から大いに学ぶべきことがあるでしょう。(一方で、そのサムスンもハイアールなど中国企業の台頭で基礎技術のある日本と、安価な中国の板挟みを経験することになるかもしれませんが・・・)


本書は、グローバル展開している企業の戦略立案担当者におすすめの一冊です。



 

« ストラテジック・マインド 変革期の企業戦略論 | N's spirit 投資日記| V字回復の経営 »

投稿者 ふるて : 2011年01月31日 00:49



●トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nsspirit-cashf.com/mt/mt-tb.cgi/746





●コメント

●コメント記入欄




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.