2011年01月07日

 ■ 小倉昌男 経営学


本書はヤマト運輸の元社長である小倉昌男氏が書き下ろした自らの経営姿勢を記したものです。

小倉氏といえば、大手百貨店を顧客としたビジネスから転換して、今や知らない人はいない消費者向け宅配事業である「宅急便」への参入を決めたことで有名です。

本書には、経営を引き継いだ頃から、様々な障壁を乗り越えて宅急便事業参入を果たすまでのプロセスを描いてあります。

本書のタイトルは経営学となっていますが、経営の定石やフレームワークを学ぶというよりは、リーダーとしての姿勢を考察するのにうってつけの本と言えるでしょう。今の時代でも古さは感じさせない普遍的な教訓が多数盛り込まれています。

経営者に限らず部門を率いるリーダーにおすすめの一冊です。



 

« マッキンゼー プライシング | N's spirit 投資日記| ストラテジック・マインド 変革期の企業戦略論 »

投稿者 ふるて : 2011年01月07日 00:17



●トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nsspirit-cashf.com/mt/mt-tb.cgi/744





●コメント

●コメント記入欄




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.