« 2010年06月 | N's spirit 投資学・経営学日記 | 2010年08月 »

2010年07月25日
 ■ ロジカルプレゼンテーション 自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

企業向けのロジカルシンキング研修の講師が執筆したプレゼンテーションの本です。

プレゼンテーションを提案として捉え、提案の技術を、論理思考力、仮説検証力、会議設計力、資料作成力に分けており、前半はロジカルシンキングで重要な要素をしっかり網羅しています。そのロジカルシンキングの中でも、やや難解に思われるピラミッドストラクチャーを縦の論理(本当にそうなの?)、横の論理(それだけなの?)という独特言い回しで非常に分かりやすく解説しています。

後半は、会議設計や資料作成など、よりプレゼンテーションを意識した内容に。特に、会議の設計力は会議を運営する機会が多いスタッフ部門の方に是非読んで頂きたい内容です。

本書を参考にして提案書やプレゼン資料を作成すると、一気に内容が充実するでしょう。

関連ページ:ロジカルシンキングで仕事力アップ



2010年07月20日
 ■ 稲盛和夫の実学―経営と会計


アメーバ経営で有名な元京セラ/稲盛氏の経営哲学を記した本です。

部門独立採算制の会計システムである「アメーバ経営」を独自に 構築した裏で、稲盛氏がいかに会計の原理原則、基本、本質を徹底的に掘り下げて考察を重ねたかがよくわかります。

・キャッシュベースの経営
・一対一対応
・筋肉質経営
・ダブルチェック
・採算向上

など、どれも原理原則からすれば当たり前ですが、その当たり前を徹底して実行できたことが京セラの発展につながったのではないでしょうか。

この本を読むと、優れた経営者は、数字に強く、会計に強いことが必要条件なのだと強く感じます。





Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.