« 2008年01月 | N's spirit 投資学・経営学日記 | 2008年05月 »

2008年04月29日
 ■ ウェブ進化論



旧来の権威を崩し、「知」の世界の秩序が再構築されているという軸で3年前に発刊された本です。ロングテール、RSS、web2.0といった言葉が解説されています。この本は、2年前に一度読んだのですが、最近何気なく読み返してみました。

読み返して印象に残ったのは、最後の部分にあるプロ棋士である羽生氏の言葉。
「ITとネットの進化によって、将棋の世界に起きた最大の変化は、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということです。でも高速道路を走り抜けた先では大渋滞が起きています。」

つまり、情報の整備により、定石や終盤局面での指し方などがネット上で随時更新されていき、初心者が上達するスピードは、はるかに高まったということです。しかし、その一方で、そこから先のトッププロになるための狭き門の前には、恐ろしいスピードで上達した人達が大渋滞を形成しているというわけです。

では、大渋滞を抜け出すにはどうすればよいか?本書の記述に私なりの解釈を加えると大きく2つです。
・他にはない異質性を加えて大渋滞を抜ける。
 (渋滞をすり抜けるバイクになったり、空を飛べる車になったりする)
・そもそも高速道路を走らずに、別に道から目的地を向かう。
 (新たな道を作る)

これらをビジネスの世界における個人レベルの行動に落とし込むと、次のようなことだと考えました。
1.知識ではなく、知恵、情緒などで勝負する
  (論理的思考力、人間力、コンセプト提案力をつける)。
2.価値の高い情報を集める。
  (ネットに落ちている2次情報ではなく、生の1次情報を集める)
3.まだ誰もやっていないことに取り組む。

記憶、情報の集約などは、機械が最も得意とするところです。そうなると、人間が差別化できることは何かというと、他にもあると思いますが、上の1,2,3あたりではないでしょうか。このあたりは、「プレミアム戦略」や「ハイコンセプト」につながる話だと思いました。



2008年04月06日
 ■ 会社の値段


会社の値段を算定する必要性、値段の実体、値段の計算ツールを紹介する本です。経営者、投資家の両方ともに必読の書といえると思います。この本では、株主価値の評価には、DCF法PEREBITDA倍率があればOKというスタンスをとっています。(しかもDCF法とPERは本質的に同じであると説いています。このあたりの解説は本サイトに盛り込んでいきます。)

以下、計算ツールの公式です。
株主価値=企業価値+現預金などの余剰資産−有利子負債
DCF法における企業価値=FCF/(r-g)(DCF法の最も簡便なやり方)
rはリスク(通常はCAPMやWACC)、gは成長率
PER=株価/EPS=1/(r-g)
EBITDA倍率=企業価値/(営業利益+減価償却費)
(企業価値=時価総額+有利子負債−余剰資産)


本書を読んで、私なりに株主価値を評価するときのイメージを次のように考えました。
1.企業の内在的な価値が理論的に株主価値にどう表れるかをDCF法で見る。
2.WACCを使って市場がその企業の成長率をどう評価しているかをPERで見る。
3.会計方針や特別損益の影響を排除したEBITDA倍率で競合と比較をする。
こうしてまとめてみると、株主価値をクイックに求めるには、この3つの指標で十分だと思いました。(DCF法の精緻さによりクイック度合いはかなり変わりますが・・・。)



2008年04月05日
 ■ 戦略「脳」を鍛える

本書では、経営戦略立案においては、戦略論の定石を知った上で、さらにプラスアルファが必要で、兵法や将棋などの例を出した上でそのプラスアルファはインサイトだと結論づけています。そして、そのインサイトを生み出すには(思考の)スピードとレンズ(物の見方)が必要で、各章でそのスピードとレンズの磨き方を述べています。

■スピードの磨き方
1.戦略のエッセンスをコンセプトワードとして覚えておく。
主なコンセプトワードは以下のとおりです。(本サイトで紹介しているワードもいくつかあります)
コスト系・・・スケールカーブ経験曲線
顧客系・・・セグメンテーション、スイッチングコスト、ブランド
構造系・・・デコンストラクションアドバンテージマトリックス
競争系・・・ファースト・ムーバー・アドバンテージ、プリエンプティ・アタック
組織能力系・・・タイムベース競争、ナレッジマネジメント

2.グラフ発想
ある現象をモデル化して、グラフで表す

3.シャドウボクシング
自分に通じるイメージと、他人にも通じる論理、この両方の思考を繰り返す。

■レンズの磨き方
1.視野を広げる拡散レンズ
ホワイトスペースを活用する、バリューチェーンを広げる、進化論で考える

2.狭く深く見るフォーカスレンズ
ユーザーになりきる、テコをきかせる、ツボを押さえる

3.思考をジャンプさせるヒネリレンズ
逆バリをする、特異点を探す、アナロジーで考える

各章には、それぞれの能力を磨くための簡単な例題が用意されています。





Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.