« 2007年06月 | N's spirit 投資学・経営学日記 | 2008年01月 »

2007年12月22日
 ■ マッキンゼー流 図解の技術 ワークブック


このシリーズは他に「図解の技術」、「プレゼンテーション」という解説メインの本を持っていますが、この本は、全て練習帳の形式になっているので、頭の訓練にはもってこいです。私は仕事がらプレゼンのスライドを作ることが非常に多いのです、結構役に立ちます。凝り固まった頭をほぐすのにもいいと思います。




 ■ マッキンゼー式世界最強の問題解決

有名コンサルティングファーム、マッキンゼーの仕事(特に問題解決)の手法を示した本です。MECE、ロジックツリー、仮説思考など論理思考の基礎をひととおり学んでいる方ならおなじみの言葉がたくさん出てきますが、特に興味深かかったのは、問題を構造化したうえで、「最初の会議で結論を出してしまう」ということ。まさに仮説思考そのものですが、こんな会議ができている会社はほとんどないでしょう。もうひとつ興味深いのは最後に仕事とプライベートの考え方まで載っているところです。




 ■ ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する


超有名な本ですね。発売からかなり時間が経っていますが、やっと読むことができました。

この本で興味深かったのは、戦略キャンパスの考え方や、既存の商品に「足す」、「付け加える」以外に「減らす」、「取り除く」という観点が重要だということ。これらを実施できている会社はきっと少ないでしょう。

なぜか?その業界の当たり前が、従業員や経営者にとって「大前提」になってしまっているので、既存の機能やサービスを「減らす」、「取り除く」という発想になかなか行き着けないからだと思います。

エッセンスは本サイトにまとめています。(ブルーオーシャン戦略とは





Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.